ホーム>社員紹介>首藤孝志

首藤 孝志

TAKASHI SHUTOU
カートリッジ製造第三課
2005年入社
大分県立津久見高等学校 機械科

仕事内容(ミッション)


良い製品を効率よく製造する事が私の業務の最大テーマであり、ミッションです。私は今までトナーカートリッジ製造のセルライン、自動機ラインを経験し、生産ラインの進化と共に成長してきました。業務内容としてオペレーター、リーダーなどを担当し、現在は自動機ラインの装置スタッフ業務を行っています。装置スタッフは装置の管理、トラブル対応や対策、品質向上活動など、生産性を高める事を目指しています。

ただ、生産ラインが進化したたけでは良い製品を効率よく製造する事はできません。気づきやアイデア、技術など、「人」の力をかけてこそ良いものづくりができます。そのため、人材育成を推進し、強い個人/強い組織の構築を目指した活動にも力を入れて取り組んでいます。

仕事の面白さ・やりがい


難しい問題の不良品や装置故障の発生に対して原因を追究し、対策を行う事で問題解決やその効果を実感できたときです。

失敗や対応に行き詰まる場面もありますが、協力してくれる職場の仲間や専門性の高い関連部門の方々とチームとして対応できる環境があります。チーム全員が同じ目標を共有し、それを達成できた時は格別な達成感とやりがいを実感できます。

また、キヤノングループでは、経験と技能を評価するマイスター制度があり、私も全社マイスター1級に認定していただきました。今後、自分自身の成長はもちろんですが、後輩の育成を進め、次世代マイスターを輩出できるように取り組みたいと思います。