ホーム>社員紹介>坂田麻紀

坂田 麻紀

MAKI SAKATA
経理課
2001年入社

仕事内容(ミッション)


私は、2001年に事務職として中途入社し、経理課へ配属されました。資金・支払業務、税務申告等を担当し、現在は経理課の課長代理として工場の損益管理、予算管理、決算業務に従事しています。

業務内容は、工場で生産している製品の原価管理、生産計画に応じた予算編成、会社・事業の損益状況のとりまとめや経営層への報告等多岐に渡ります。

仕事の面白さ・やりがい


経理の仕事は会計的な専門知識のほかに、会社全体の仕組みや各事業の状況、部門の役割を理解する等、学べることが非常に多くやりがいのある仕事だと感じています。また、担当者から経営層までたくさんの方々と接する機会もあり、会社全体の動きが一番よくわかる部門ではないかと思います。若いうちから事業の損益管理を任されるなど、重要な仕事を扱うことへのプレッシャーもありますが、その分様々な経験を積むことができ、成長できるチャンスが多く有ります。

大分キヤノンマテリアルには育児関連制度として、育児休業や、育児短時間勤務、マタニティー休業等があり、育児をしながら安心して働くことができる制度があります。私自身も約1年の育児休暇取得後に復職し、現在は9時から16時半の短時間勤務をしています。退社後、保育園へお迎えに行き、駆け寄ってくる子どもの顔を見ることが一番の癒しです。

こういった働き方が出来るのも、職場の上司・同僚・家族など周囲のサポートや協力あってこそだと実感しています。「仕事と育児の両立」を目指してオンもオフも充実した日々を過ごせるよう、これからも自分自身成長していきたいと思います。