ホーム>会社情報>ごあいさつ

ものづくりの進化に
技術で貢献します

大分キヤノンマテリアルは、地域のみなさまや世界中のお客さまから信頼され、従業員一人ひとりがいきいきと働くことができる企業を目指し、1999年杵築事業所で操業を開始しました。2008年には大分事業所での生産を開始し、キヤノングループの事務機分野の化成品主要量産工場として、業容の拡大を図ってまいりました。

当社はレーザービームプリンターの心臓部である「トナーカートリッジ」、高画質・高印字を両立したインクジェットプリンターの「インクカートリッジ」、軽快なオフィスワークを実現する複写機・複合機用の「トナーボトル」および主要部品の製造を行っており、世界中のお客さまに良質な製品による信頼をお届けしていると自負しております。今後も、ものづくりを進化させる為、生産性を徹底的に向上させ、需要変動に即応出来るフレキシブルな生産体制を構築し、国際競争力の維持、向上に努めてまいります。

また、キヤノングループの企業理念である「共生」と、三自の精神「自発」「自治」「自覚」のもと、企業の社会的責任を果たすため、「環境・安全への配慮」「社会貢献」「コンプライアンス活動」の推進に力を注ぎながら、さらなる技術の向上と健全なる成長を図ってまいります。

大分キヤノンマテリアル株式会社
代表取締役社長
堅志 英之

大分キヤノンマテリアル株式会社
代表取締役社長
堅志 英之